パーキンソン病病気の症状集

パーキンソン病の症状

  • ・震え
  • ・筋固縮
  • ・動作緩慢
  • ・姿勢反射障害
  • ・すくみ足、すり足、小刻み歩行

治療薬の副作用

  • ・吐き気・嘔吐
  • ・幻覚・妄想・興奮
  • ・食欲不振
  • ・不随意運動
  • ・うつ
  • ・起立性低血圧
  • ・便秘・下痢・疲労

パーキンソン病とは

パーキンソン病は、脳内の「ドパミン」という神経伝達物質が減ってしまい、情報の伝達がうまくいかなくなり、運動障害が起こる病気です。多くは50歳代後半から70歳代で発症して、徐々に進行していきます。

パーキンソン病の原因はいまだに十分に解明されていません。今のところ、中脳の「黒質」と呼ばれる部位の神経細胞が減り、ここで作られているドパミンが減少するために発症することがわかっています。黒質でつくられたドパミンは、大脳にある「線条体」に送られます。線条体は運動機能に関する情報伝達を担っているところで、黒質から送られるドパミンが減少すると線条体の神経細胞の働きが低下して、運動にかかわる情報伝達がうまくいかなくなります。その結果としてさまざまな運動障害が起こってくるのです。

健康な人でも20歳ごろをピークにドパミンの量は減っていきますが、パーキンソン病の患者さんは、健康な人よりもドパミンの減り方が早く、90%程度まで減ってしまうと症状が現れるといわれています。

症状

パーキンソン病には特徴的な症状として、「パーキンソン症状」という四大症状があります。

●振戦(手足が震える)

安静時に手や足に「震え」が起こりますが、何かを持ったり、手足を動かしたりすると症状は治まります。震えは1秒間に4~6回程度のリズムで起こるのが特徴です。

●筋固縮(筋肉が固くなる)

筋肉の緊張が高まり、他の人が患者さんの関節を動かすと、動かした人に抵抗が感じられます。

●動作緩慢(動きが遅くなる)

動きが少なくなったり、1つ1つの動作がゆっくりになったりします。

●姿勢反射障害

体が傾いたときに姿勢をうまく立て直せず、転びやすくなります。他の症状のように初期から現れることは少なく、病気がある程度進行してから起こります。

このほか、歩き始めの一歩がなかなか踏み出せない「すくみ足」や「すり足」、「小刻み歩行」などの症状が現れることがあります。

パーキンソン病の進み方

症状の程度の目安は、5段階の「ヤール重症度」で示されます。

1度…片方の手足に症状が現れる。

2度…両方の手足に症状が現れる。

3度…前屈姿勢、小刻み歩行がみられる。日常生活がやや制限される。

4度…両方の手足に強い症状がある。日常生活でかなりの介助を必要とする。

5度…ベッドや車イスを使っての生活になる。全面的な介助を必要とする。

検査と診断

問診のあと、以下のような検査が行われます。

・神経学的診察

歩行の状態を診たり、筋固縮の有無などを調べたりします。

・脳のMRI(磁気共鳴画像検査)

パーキンソン病とよく似た症状が起こることがある「脳梗塞」などの病気との鑑別のために行います。

・MIGB心筋シンチグラム

MIGB(メタヨードベンジルグアニジン)という薬を静脈に注射して、心臓の筋肉に取り込ませて心臓の状態を画像化します。この薬はパーキンソン病があると短時間で心臓の筋肉から排出されるため、診断のために有用な検査です。

パーキンソン病の治療法

パーキンソン病は原因がはっきりと分かっていないため、治療は症状の改善を目的に行います。基本は「薬物療法」で、「ドパミンアゴニスト」や「L-ドーパ製剤」など、ドパミンの不足を補う薬が中心になります。早期にはドパミンアゴニストで治療を始めて、症状の改善が不十分ならばL-ドーパ製剤を併用します。また、患者さんの年齢や合併している病気などに応じて使い方を調整します。その他、さまざまな症状を軽減するために、補助的に他の薬を併用する場合もあります。

薬以外の治療法では、脳の深部に電極を埋め込んで刺激を加える「深部脳刺激療法」などが行われることもあります。また、症状に応じて、歩行練習のリハビリテーションを行ったり、うつや不安が強い場合には「カウンセリング」や「精神療法」を行ったりすることもあります。

症状を改善する

パーキンソン病は今もって原因がはっきりと分からない難病です。そのため、これを飲めば治るという効果のある薬はありません。治療の目的は、不足している脳内の神経伝達物質である「ドパミン」を補い、症状を改善させることです。また、補うだけでなく、いろいろな機序の薬があります。

ドパミンアゴニスト(ドパミン受容体刺激薬)

ドパミンを受け取る「ドパミン受容体」と結合することによって、ドパミンの代わりに働きます。L-ドーパ製剤には及ばないものの、症状全般を改善する効果があり、副作用が比較的軽く、長く使い続けても作用時間が短くなることがありません。L-ドーパ製剤と比べると、効果が現れるまでには時間がかかりますが、硬化が長続きします。パーキンソン病初期の治療では、まずこのドパミンアゴニストを使用するのが基本になります。

また、この薬は2つの系統があり、麦角系(ばっかくけい)の「メシル酸ブロモクリプチン」「メシル酸ペルゴリド」「カベルゴリン」と、非麦角系の「塩酸タリペキソール」「塩酸プラミペキソール水和物」「塩酸ロピニロール」という薬があります。

・副作用

麦角系では吐き気、嘔吐などの消化器系の副作用が現れやすく、長く使っていると心臓の弁の障害が起こることもあるため、定期的に心臓の検査も行います。非麦角系の薬では消化器系の症状は少ないのですが、眠気が起こることがあります。いずれも長期的に使用していると、幻覚、妄想、興奮などが現れることがあります。

L-ドーパ製剤(ドパミン補充薬)

ドパミン単独の「レボドパ」と、L-ドーパに「末梢性ドパ脱炭酸酵素阻害薬(DCI)」を配合した合剤の「レボドパ・カルビドパ」「レボドパ塩酸ベンセラジド」という2種類の薬があり、今は合剤がよく使われています。

L-ドーパは脳内に入ると、脳内の「ドパ脱炭酸酵素」の働きでドパミンに変わって、不足を補います。合剤に含まれているDCIは、脳に届く前にドパ脱炭酸酵素が働くのを抑えることで、より無駄なくL-ドーパを脳内に送り込むことができます。

・副作用

吐き気、嘔吐、食欲不振、不随意運動、幻覚、妄想、興奮といった精神症状などが現れることがあります。また、長く使っていると薬の効いている時間が短くなり、症状の「日内変動」などの問題が出てくることもあります。

モノアミン酸化酵素B阻害薬

ドパミンを分解する「モノアミン酸化酵素」の働きを抑えて、脳内でのドパミンの分解を遅らせる薬です。ドパミンを温存させて、その作用を強めようとするもので、「塩酸セレギリン」という薬があります。

L-ドーパ製剤の長期使用で薬が効いている時間が短くなってきたときに、これを併用する形で使われます。

・副作用

幻覚や不随意運動などが現れることがあります。

ドパミン分泌促進薬

ドパミンの放出を促す薬として、「塩酸アマンタジン」が使われます。症状全般の改善が期待でき、L-ドーパ製剤やドパミンアゴニストで歩行障害や動作緩慢が十分に改善できない場合に併用されます。

また、ごく初期で、症状が軽い歩行障害や動作緩慢だけの人に用いられることもあります。

・副作用

時に幻覚が現れることがあるので、認知症のある人には使用を避けたほうがよいでしょう。

抗コリン薬

ドパミンが減ると線条体が「アセチルコリン」という神経伝達物質を過剰に分泌するようになり、バランスが崩れて運動機能がうまく働かなくなります。抗コリン薬はアセチルコリンが受容体に結合するのを妨げ、振戦や筋固縮を改善します。

「塩酸トリヘキシフェニジル」「塩酸ビペリデン」「塩酸ピロヘプチン」「塩酸プロフェナミン」「塩酸マザチコール」「塩酸メチキセン」という薬があり、パーキンソン病の治療には、塩酸トリヘキシフェニジルが最もよく使われています。

通常、震えが強く、L-ドーパ製剤やドパミンアゴニストでは改善できない場合に併用されます。病気の初期で、症状が震えだけの場合にも使うことがあります。

・副作用

食欲低下、腹部不快感、幻覚、妄想、興奮などが現れることがあります。また、隅角の狭い緑内障の人には使えません。

ノルアドレナリン前駆物質

パーキンソン病を発症後、時間がたつにつれて、脳内の「ノルアドレナリン」という神経伝達物質も減少し、すくみ足などの症状がでることがあります。この薬は脳内でノルアドレナリンに変換されて、不足分を補います。「ドロキシドパ」という薬があり、主にL-ドーパ製剤を長期間使用した後に出てくるすくみ足の改善に用いられます。副作用で食欲不振や幻覚などが現れることがあります。

長期使用の問題点

●日内変動

長期間の治療のなかで起こる問題のうち、特に多いのが「ウェアリング・オフ」と呼ばれる現象で、L-ドーパ製剤の効いている時間が短くなり、服用後2~3時間で薬の効果が薄れて体が動かなくなります。急激に症状がよくなったり悪くなったりする「オン・オフ」現象が起こることもあります。

●運動症状

勝手に手足などが動く「ジスキネジア」や、足の指などが曲がる「ジストネジア」などの不随意運動、歩き始めの足が出にくい「すくみ足」などが現れることがあります。

●精神症状

幻覚、妄想、興奮、うつ状態、認知症、睡眠障害などが現れることがあります。

●自律神経症状

吐き気や食欲不振などの消化器系の症状をはじめ、起立性低血圧、便秘、頻尿、疲れやすさなどの症状が現れることがあります。

●悪性症候群

服薬を急にやめたときなどに、高熱、意識障害、筋肉の急激な固縮や壊死などが起こり、場合によっては命にかかわることもあります。

スポンサードリンク

アクセスカウンター

Copyright(c) 2011 病気の症状集 All Rights Reserved.