レビー小体型認知症病気の症状集

レビー小体型認知症の症状

  • ・記憶障害
  • ・見当識障害
  • ・判断力低下
  • ・幻視
  • ・妄想
  • ・抑うつ、暴力
  • ・筋固縮
  • ・動作緩慢
  • ・姿勢反射障害
  • ・立ちくらみ
  • ・排尿障害
  • ・便秘

レビー小体型認知症とは

認知症で一番多いのはアルツハイマー病ですが、その他に多いものに「レビー小体型認知症」と「脳血管性認知症」があります。

レビー小体というのは、もともと脳の神経細胞の中にある「α‐シヌクレイン」というたんぱくが固まったものです。このレビー小体が脳にできると、神経細胞がダメージを受けていろいろな症状が現れます。

また、レビー小体が脳の中にできて起こる病気にパーキンソン病があります。一口に脳の中にできるレビー小体が原因といっても、できる場所によって違う病気になるのですが、パーキンソン病の人の中にはレビー小体型認知症の人もいるようです。レビー小体型認知症であっても、パーキンソン病に特徴的な症状がでることもあり、これをパーキンソン症状といいます。

レビー小体型認知症は高齢者に多くみられますが、より若い年代の人にも起こります。また、まじめで几帳面な性格で、趣味が特になく、仕事人間だったような人に多い傾向があります。

レビー小体型認知症の症状

認知症としての症状

もの忘れなどの「記憶障害」、日時や自分のいる場所が分からなくなる「見当識障害」、正しい判断ができなくなる「判断の障害」などがあります。

精神障害や行動異常

レビー小体型認知症の特徴的な症状として、「幻視」があります。実際にはいない人がどういう行動をしているなどと、かなり具体的なことまで見えるのが特徴です。

他にも「抑うつ」状態になったり、「妄想」が現れたり、「暴力」をふるったりすることもあります。

パーキンソン症状や自律神経症状

パーキンソン病に特徴的な「筋肉がこわばる」「姿勢が前かがみになる」「動作が遅くなる」などの症状が出ます。また、立ちくらみ、排尿障害、便秘などの「自律神経症状」が起こることもあります。

レビー小体型認知症の初期には、幻視を中心に行動異常のどの症状が強く現れます。しかし、日によって調子がいい時と悪い時があり、周りの人が病気だと気づかず発見が遅れてしまうこともあります。

「何か様子がおかしい」「以前と何か違う」と感じたら、一度病院を受診してみましょう。アルツハイマー病でも使う検査の「CT」「MRI」「SPECT」などの画像検査をします。また、他の認知症と見分けるために「MIBG心筋シンチグラフィー」という検査も行います。

治療法

治療は薬物療法が基本です。やはり早い段階で治療を始めるほど有効だとされています。薬はそれぞれの症状に合わせて出していきます。

認知症の症状に対して

アルツハイマー病でも使う「ドネペジル」がレビー小体型認知症ではさらに有効です。

精神症状や行動異常に対して

同じく「ドネぺジル」が使われますが、効果がもう一つというときには漢方薬も使います。他にも「非定型抗精神薬」なども使うことがあります。

パーキンソン病に対して

パーキンソン病にも使う「L-ドーパ」や「ドーパミンアゴニスト」を使います。

日常生活で

レビー小体型認知症の患者さんに幻視の症状がある時は、家族の人などは「そんなものはない(見えない)」と否定しないようにしましょう。話を聞くことで患者さんは落ち着いてきます。

やはり家族の方にも負担がかかりやすいので、デイサービスなどをうまく活用しながら介護をしていくのがいいと思います。

スポンサードリンク

アクセスカウンター

Copyright(c) 2011 病気の症状集 All Rights Reserved.